外壁塗装とは?初心者が知っておきたい基礎知識やメリットをわかりやすく解説

当サイトでは外壁塗装とはどういったものなのか、初心者が知っておきたい基礎知識やメリットをわかりやすく解説しています。
これまで施工を依頼したことがない場合でも、知っておけば今後の塗装工事の依頼に役立つかもしれません。
またこのサイトでは、外壁の塗装で利用される工法の種類もご紹介しています。
基礎知識として押さえておくと安心です。
さらに外壁の塗装をする際に使用する塗料の種類も取り上げています。
適した塗料選びのためにも知っておくべき知識です。

外壁塗装とは?初心者が知っておきたい基礎知識やメリットをわかりやすく解説

外壁塗装を依頼しことがないため不安だ人もいるのではないでしょうか。
そのような初心者の方がまず知っておきたいことには、塗装の寿命があります。
立地条件によっても異なりますが、一般的に外壁塗装はおよそ10年程度持つといわれています。
外壁は雨や紫外線、砂などにさらされ続けているため次第に劣化することが避けられません。
劣化すると水分の侵入により、建物自体の壁や構造から劣化する可能性があります。
しかし塗り直しをすることで、保護する効果を高めるメリットがあります。

外壁塗装を行うベストなタイミングとは?

ある程度年月が経つと家も不具合が生じてきます。
そのためメンテナンスを行わなくてはなりませんが、そのメンテナンスの中でも大がかりとなるのが外壁塗装になります。
外壁塗装は冬に適していないように感じますが、実際に歯オールシーズン行うことができ、ベストなタイミングはありません。
ですが、地域によっては積雪地域では冬は適していませんし、台風が多く到来するエリアでは台風の時期に行うことはできないため、その土地の気候条件を見ながら決めていくことが大切になります。
建物に関してはチョーキング現象、ひび割れ、こけやカビなどが発生すると塗り替えのタイミングになります。
外壁を触った時に手が白くなることがありますが、この状態は直射日光などで外壁が劣化し、顔料が粉のように表面に付着して起きています。
この状態はすでに塗料に耐久性がなくなっており、危険度が高くなっている証拠であるのでできるだけ外壁塗装を行わなくてはなりません。

外壁塗装後の色味がイメージと違う場合の対処法

家を美しい状態で長く保つには、外壁塗装を含む定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
外壁塗装では様々なトラブルも報告されていますが、注文時と完成時のイメージの違いもトラブルの原因になります。
特に外壁塗装後の色味は住宅全体のイメージと深く関わるため、事前の打ち合わせと確認が大切です。
外壁塗装の色選びは、塗装会社が実際に行った施行例を見てから決めます。
実際に行っている施行例を確認すれば取扱っているカラーやデザイン、施工技術を把握できます。
外壁の色が希望している色と違う場合は現場の責任者に伝えて、使用している塗料も確認します。
使用されている塗料が適切でも、乾く前と乾いた後では印象が変わる可能性があります。
事前に確認している塗料と実際に使っている塗料が同じなのに印象が違う場合は、塗料の変更を依頼します。
塗装工事は複数の段階に分かれ、施工の途中なら変更が可能になる場合もあります。
塗装会社側のミスで実際の色が違う場合は、相手側の負担でやり直してもらえます。

外壁塗装でカラーシミュレーションを利用した方が良い理由

外壁塗装の色決めにおいてはカラーシミュレーションが重要と言われていますが、その理由については明白ではないでしょうか。
具体的には頭の中のイメージと実際の仕上がりが異なり、外壁塗装に違和感を覚える恐れがあるというのが大きな理由の1つです。
またカラーシミュレーションをすることによって、自分の好みが分かったり、比較検討して選べるメリットがあるのもポイントです。
外壁塗装は一度塗り替え工事をすると10年はそのままですから、後悔しないように色を決めることが大事だといえます。
塗料というのは周りの色との兼ね合いや天気、時間帯によって色が違って見えるものです。
外壁塗装は住宅全体の印象を決定付けるものですから、安易に決めてしまわないことが重要です。
カラーシミュレーションで候補をいくつか絞り込んだ後は、家に出向いてカラーサンプルを当てて確認することをおすすめします。
そうすることでより具体的な色のイメージが明確になりますし、自信を持って決定することができるのではないでしょうか。

外壁塗装でよく起こるトラブル事例

住宅の外壁塗装をする必要がある場合には、トラブルのことも考えておかなければいけません。
それほど頻繁に起こるものでは無いにしても、全く起こり得ないと言うわけでもないため、注意が必要なところです。
具体的にどのようなことが起こるかと言えば、1つはご近所に対するクレームが発生することです。
例えば、音の問題などはあまりありませんが、臭いの問題等が生じるケースがあります。
外壁塗装の中でも油性の場合にはシンナーを使い塗料を溶かしていきます。
この時、近隣住人の家の中に塗料の匂いが充満してしまう可能性も否定できません。
そうなると、あまりお互い良い関係とは言えませんので、その時できるだけ早めに収束させることが重要です。
それ以外では、選択ものに塗料がついたと言う問題もあるかもしれません。
ただこれはめったに起こり得ない事ですので、よほど選ぶ会社を間違っていなければ大して考えなくても良いかもしれません。
このような事例をいくつか知っておくと、何かと便利といえます。

安心して外壁塗装を行うための基礎知識

外壁塗装を行うと様々なメリットを得られますが、事前に基礎知識を頭に入れていると安心して塗装工事を進められます。
新しい住宅でも、約7年から10年で外壁の劣化が目立ち始めます。
素材に関係なく、外壁が劣化している場合は塗り替えが必要になります。
外壁塗装を行うと、長く美観を保てるだけでなく大切な家を保護できます。
建物は雨や紫外線、風などのダメージから住人を守っています。
塗料が古くなり機能が弱くなると、雨漏りの原因になります。
防水効果が期待できる新しい塗料を使って外壁塗装を施せば、カビや柱の腐食も防ぎます。
外壁に異常を見つけた場合は、塗装の専門会社に相談して早めに塗り替え時期を確認します。
ひび割れや色の変色、カビの繁殖は劣化の証拠になるため早い対処が必要です。
外壁塗装のプロなら、正しく診断を行って適切な塗装を行います。
特別な機能や効果が期待できる機能性塗料を使うと、手入れが楽になりメンテナンスの頻度が減ります。

景観を保つ効果がある外壁塗装のメリット

外壁塗装を施工する大きなメリットの一つには、建物の景観を保つ効果がある点でこれはその外観には人を惹きつける魅力があるからです。
文化遺産などでもただ長年、建っていて古いだけでなく、その見た目の美しさや趣のある雰囲気が重要で、それは外壁の美観が決め手になります。
また単に美しさが際立っているだけでなく、周囲の環境に適合しているか否かも必要不可欠で、そのためには外壁塗装がカギを握ることも少なくないです。
なお一度見た光景は永遠にとどめていきたいのも人情ですが、外壁は厳しい気象条件や震災などが影響して劣化するのも自明の理となります。
そのため景観を保つ視点からしても、定期的な外壁塗装を施すことで将来にわたって時が止まったかのような感じで保存することも可能です。
多くの歴史的建造物が現在も美しく保存されているのは、何も手をかけないで放置するのでは無理で外壁塗装を定期的に行っています。
このように手をかければかけるほど、その美しさを後世にも伝え続けることも可能です。

外壁塗装を行うことで汚れにくい外観を維持できる

外壁塗装を行うと、汚れにくい綺麗な外観を維持できます。
太陽光や雨など外部の様々な刺激に晒されている外壁は、劣化が進むと家を保護する能力が弱くなります。
定期的に外壁塗装を実施すると塗料が新しくなるので、本来の機能だけでなく美観も取り戻せます。
日本でも機能性塗料が注目を集めていますが、目的に合う機能性塗料を選ぶと快適な住空間を得られます。
機能性塗料には様々なメリットがあり、防水性や耐水性が高い塗料だと雨漏りを未然に防止できます。
屋根から雨が漏れるとカビが繁殖しやすくなり、美観も損なわれます。
雨水が原因で木材が腐食すると家を支えている構造が弱くなり、建て替えが必要になれば費用が高額になります。
劣化が小さい時期に外壁塗装を行えば、全体のメンテナンス費用も抑えられます。
外壁の塗装工事が決定すると、足場が設置されて高圧洗浄で汚れを落とします。
汚れを除去したら下地処理と養生を行い、下塗りから上塗りまでの工程を丁寧に進めます。

資産価値の向上にも繋がる外壁塗装

ダイレクト草の魅力は、建物をきれいにすることであることには変わりありません。
しかしそれだけだとペンキを塗るのとさほど変わりがないことになってしまいます。
ペンキを塗る時と外壁塗装をするときの費用の違いを考えれば、単純に見た目を良くするだけが問題ではないことが理解できるでしょう。
本来の役割の1つとして、建物の耐久度を高めることにあります。
これは目に見えない資産価値かもしれませんが、実際に非常にバリューがあることで間違いありません。
もし本格的にこれから塗装をする場合には、バリューが高まった状態を考えて売却するなどの方法が良いでしょう。
中古住宅として売却する場合、外壁塗装は重要になることも少なくありません。
全く塗装をしない状態で売却したのとしっかりと塗装をして売却した場合では、後者の方が高値になる事は間違いないところです。
ただ、ピンク色など変な色にしてしまった場合には一気に資産価値が落ちるためその色合いのセンスも大事です。

外壁塗装を施すことで雨風や紫外線から家を守ることができる

外壁は家の一番外側にあり、常に雨や風、太陽の熱や紫外線などの刺激にさらされています。
そのため、紫外線や雨風にさらされることで外壁が劣化してしまい、ひび割れ等が起こると住宅そのものにダメージを与えます。
特に雨水が建物に侵入してしまうと、内部の劣化が早まり腐食やカビの原因となるので注意が必要です。
そうならないためには、外壁塗装をはじめとする塗装を行い、塗膜によって建物をコーティングする必要があります。
外壁塗装を行って塗料が乾き固まると、膜ができて雨風や紫外線、熱などによる様々なダメージから建物を守れるようになります。
塗料には様々な種類があり、紫外線に特に強いものや、耐久年数が長いものなど、それぞれに特徴があります。
基本的には10年を過ぎると外壁塗装を塗り替える目安になり、それまでにチョーキングなどの異常が見られれば、早めに専門の会社に確認してもらいましょう。
外壁塗装をきちんと行えば、住宅をしっかり保護し長持ちさせることができます。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の基礎知識

当サイトでは外壁塗装とはどういったものなのか、初心者が知っておきたい基礎知識やメリットをわかりやすく解説しています。これまで施工を依頼したことがない場合でも、知っておけば今後の塗装工事の依頼に役立つかもしれません。またこのサイトでは、外壁の塗装で利用される工法の種類もご紹介しています。基礎知識として押さえておくと安心です。さらに外壁の塗装をする際に使用する塗料の種類も取り上げています。適した塗料選びのためにも知っておくべき知識です。

Search